意外と知らない?歯医者でのマナー

お口の頼りになる歯医者さんに行きやすくするためのマナー

最小限度でもお口をキレイにしよう

歯医者さんに行く前に

歯医者さんに行く前に、お口の中をチェックしているでしょうか。
歯医者さんは、あえて言うことはありません。
治療を受ける前に最低限のマナーとしてお口のチェックをしておくと良いでしょう。
例えば、食後間がない時間に治療に向かうのなら、一度、歯磨きをしておくのがオススメです。
また食事後数時間経過していても、マウスウオッシュを活用する、水で数回うがいをして、お口の中を軽くでも洗浄しておくと良いでしょう。
ただし、フロスや歯間ブラシなどは、強くこすると歯茎を刺激してしまいます。
治療前に歯茎を傷つけてしまうと、適切な治療を受けられない可能性も生じます。
歯医者さんに行く前にお口の衛生管理を行う際には、口腔内を傷つけない程度に、軽く汚れを落とす程度にしましょう。
歯を磨けない場合は、歯磨き用のガムを噛んでおくのもオススメです。

口臭もチェックしよう

お口の中の清潔を保つことと併せて、配慮しておくのが口臭です。
口臭は歯医者さん受診の際のタブーというほどのものではありません。
しかし、配慮しておくと安心です。
口臭は口腔内に症状があると生じる場合がありますが、それ以外にも臭いの強いものを食べるとその後に生じるものです。
治療の前にはこうした食べ物により生じる口臭に配慮が必要です。
例えば、予約時間がランチ時間の直後にしか取れなかったということもあるでしょう。そんなときは、なるべく口臭が気になるニンニクなどの食材は避けるのがおすすめです。
これは治療に影響を与えるというほどのことではありません。
治療中に自分の口からニンニク臭がすれば、あまりいい気はしないものではないでしょうか。
安心して治療を受ける気持ちを保つためにも、臭いが気になる食べ物は避けておくと良いでしょう。


このコラムをシェアする