意外と知らない?歯医者でのマナー

お口の頼りになる歯医者さんに行きやすくするためのマナー

ドタキャンや遅刻は厳禁と心得よう

予約時間はしっかりと守る

歯医者さんでは完全予約制にしていますが、それは患者さん一人ひとりに適切な治療を進めるために行われていることです。
歯科治療は繊細な治療であり、細やかな施術の求められるもの。
適切な治療は、長い健康を維持するために欠かせません。
予約時間は、こうした適切な治療を進めるうえで、患者側と歯医者さん側双方に利点があります。
予約時間制を取り入れることで、患者さんはスケジュール管理ができて歯医者さんに通いやすくなるうえ、治療も適切な期間で進めることができます。
また歯医者さん側も、時間を区切って治療を進められるため、治療ミスもなく患者さん1人ひとりに向き合うことができます。
予約時間はこうした適切な治療に欠かすことができないものです。
予約時間を守るということは自分だけでなく、その歯医者さんの適切な治療環境を守ることにもつながるのです。

ドタキャンは最低のマナー違反

患者さん、そして歯医者さんそれぞれの適切な治療のための環境のために欠かすことのできないのが完全予約制です。
予約をご自身の事情でキャンセルするというのは致し方のないこと。
ところが、キャンセルを事前に告知せずに行う方もいるのが現状です。
しかしそんな告知の無いキャンセルは、予約治療のために準備する歯医者さんへのマナー違反となることを忘れてはいけません。
歯医者さんは、その治療のために様々に事前準備をしています。
適切に治療を進めるための計画や、もし痛みがあればその痛みを軽減するための処方、歯を治療するための機材も、歯医者さんだけでなく治療環境で働くすべてのスタッフがその準備をしています。
告知なしにキャンセルするというのは、こうした準備をないがしろにしているということ。
ご自身の事情で行けない場合には、どれだけ時間的に差し迫っていても、連絡するのを忘れないようにしましょう。


このコラムをシェアする